私の政策

内田直之 5つの重点政策

1.子ども達の教育環境の充実

1.子ども達の教育環境の充実待機児童「0」の実現には保育所整備が急務です。
また、自律する力を身につける教育や、幼稚園、保育園、小・中学校の教育環境の整備を推進し、
文教都市千代田を目指します。

政策1.待機児童「0」を目指した保育園・学童クラブの整備
政策2.自ら考え、判断、決定、行動する力を育む教育の推進
政策3.全ての区立小・中学校校庭の人工芝化

2.高齢者や障がい者にもやさしい街

2.高齢者や障がい者にもやさしい街医療、介護、特養老人ホームの待機者問題や障がい者の自立支援など、多くの課題を抱えています。
高齢者や障がい者から子どもまで、だれもが安心して生活できる、地域における支え合いを大切にする街を目指します。

政策1.旧保健所跡地を活用した高齢者・障がい者施設の整備
政策2.ひとり暮らし高齢者の見守り支援
政策3.地下鉄駅・JR駅のバリアフリー化の推進

3.あらゆる世代に貢献できるスポーツの推進

3.あらゆる世代に貢献できるスポーツの推進子どもから高齢者まで、あらゆる世代に貢献できるスポーツの推進は、ひとを豊かにしてくれます。
新たなスポーツ施設も含めた環境整備と、スポーツを通じて地域コミュニティの活性化を推進します。

政策1.外濠公園グランドの人工芝化・多目的化
政策2.新たな区立スポーツセンターの整備
政策3.地域スポーツ・生涯スポーツの推進

4.災害に強く安心で安全な街

4.災害に強く安心で安全な街首都直下型、南海トラフ巨大地震の対策は急務です。建物の耐震対策、帰宅困難者対策を強化し、
高度防災都市千代田の実現を目指します。また、ゲリラ豪雨など多様な都市型災害にも対応できる街づくりを推進します。

政策1.耐震診断・耐震改修の100%実現
政策2.マンション防災対策の推進・支援
政策3.防災・危機管理に対する意識の向上

5.環境にやさしく美しい街

5.環境にやさしく美しい街車中心の社会から「ひとが主人公の街」への転換が求められています。
都心という地域特性を活かした生活環境の改善と、みどり豊かで持続可能な循環型社会を、
環境モデル都市である千代田から実現します。

政策1.緑や水辺を活かしたヒートアイランド対策
政策2.電線類の地中化と悪質な路上看板の撤去
政策3.持続可能な開発目標(SDGs)の推進

内田 直之 事務所

〒101-0041 千代田区神田須田町1-30-1 103
電話 / FAX : 03-3252-8832
E-mail: uchida@tcn-catv.ne.jp お問い合わせはこちら

本ホームページ上の文章の引用・転載及び、画像の持ち出し等に、つきましては、お断りさせて頂いておりますので、ご了承下さい。

Copyright (C) 2012-2019 Naoyuki Uchida. All Rights Reserved.
※掲載されている写真の一部は千代田観光協会様にご提供頂いております。