世界の街歩き

世界の街歩き vol.6 SiemReap

Pim0004シェムリアップ(カンボジア王国)
人口17万人・面積???k㎡・立憲君主制
2004年、クメール建築として有名な世界遺産のアンコールワット遺跡群を訪れました。シェムリアップはバンコクから飛行機で約1時間、トンレサップ湖の北側に位置する本当に小さな街です。ここを拠点とし、アンコール遺跡群の探訪に出かけました。まず最初に、人の良さそうなバイクタクシーを見つける事から始めました。


アンコールワットは、12世紀前半にヒンドゥー教寺院として建設されたそうです。西塔門を正門とし、境内は外周、東西1,500m、南北1,300m、幅190mのお濠で囲まれています。 そして第一回廊には、精巧なレリーフが何百メートルにも渡りインド古代の叙事詩や軍隊、天国と地獄などが描かれています。
次に王都アンコールトムは、3,000m四方を高さ8mの城壁で囲まれ、十字に主要道路が配置されています。他にも数え切れない程の遺跡群が点在し、本気で見るには4~5日はかかりそうです。私は休みの関係もあり、3日程見学し、もう1日は約100万人の水上生活者がいると言われるトンレサップ湖に行ってきました。
世界の最貧国のひとつであるカンボジアは、ポルポト独裁政権の大虐殺や内戦からやっと立ち直ろうとしていました。識字率が低いなど、多くの問題を抱えるこの国は、先進国の援助を必要としていると強く感じました。

Pim0001アンコールワット
ヒンドゥー教三大神のヴィシュヌ神に捧げられた寺院。正面は西向きなので午後見学がお勧めです。

Pim0005連子状の窓
回廊には格子の連子状窓が連なっています。光の入り方が素晴しいと感じました。

Pim0012アンコールワットの中央祠堂
世界の中心山、メール山(須弥山)を模した中央祠堂。急勾配ですが登る事も出来ます。

Pim0020アンコール遺跡群①
巨大なスポアン(榕樹)が長い年月をかけ、遺跡を呑み込んでいました。

Pim0023アンコール遺跡群②
事前の力が類を見ない造形を見せてくれます。中央に小さく私がいます。

Pim0025アンコール遺跡群③
有名な巨大スポアンです。

Pim0032場所不明
何処で撮影したか不明です。神秘的で静かな場所でした。

Pim0039バイヨン寺院
アンコールトムと言う都市。中央にバイヨン寺院があります。

Pim0040遺跡にいた少女
遺跡にいた少女。優しい微笑みが素敵でした。

Pim0046街外れの住宅
舗装されていない道路沿いの住宅。最貧国であることを思い出させます。

Pim0053トンレサップ湖①
湖の上に住む人々。小学生が通学しています。

Pim0054トンレサップ湖②
こんなに小さな子も…お使いかな?

一つ前のページへ戻る

内田 直之 事務所

〒101-0041 千代田区神田須田町1-30-1 103
電話 / FAX : 03-3252-8832
E-mail: uchida@tcn-catv.ne.jp お問い合わせはこちら

本ホームページ上の文章の引用・転載及び、画像の持ち出し等に、つきましては、お断りさせて頂いておりますので、ご了承下さい。

Copyright (C) 2012-2019 Naoyuki Uchida. All Rights Reserved.
※掲載されている写真の一部は千代田観光協会様にご提供頂いております。