世界の街歩き

世界の街歩き Vol.8 London

001ロンドン(通称:イギリス)
人口817万人・面積1577k㎡・立憲君主制
「世界の都市総合力ランキング」で2012年よりニュ―ヨークに代わり首位である世界No1都市のロンドンを訪れました。2012年に3度目となるオリンピックを開催し最も活気あふれる街は、歴史と先進性を持ち合わせた素晴らしい街でした。国際都市間競争に東京がどの様に挑むべきかを探る訪問となりました。


皆さんご存の通り、イギリスの正式国名は、「グレートブリテン&北アイルランド連合王国」と言う通り、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの非独立国から構成される立憲君主制の国家です。よってロンドンは、イングランド及びイギリスの首都であり、欧州連合域内でも最大の都市圏を形成しています。
そのロンドン市街は、ウェストミンスター宮殿やバッキンガム宮殿、セントポール大聖堂などの歴史的建築が数多く残る、典型的な欧州の伝統的都市をイメージしていました。しかし実際に行ってみると、現代建築の宝庫であり、中心地には欧州で最も高い310mの「ザ・シャード」を始め、「30セント・メリー・アクス」や「タワー42」など多くの超高層ビルが建っていました。更には、「ロイズ・オブ・ロンドン」や「ロンドン市庁舎」などモダンな建物も多く、ゴシック様式の歴史的な建築と、著名建築家によるモダンな現代建築が上手く共存、調和していました。
2012年のオリンピック開催を契機に、更なる都市の更新を図り発展を続けるロンドンには、これからオリンピックを迎える東京にとって参考とすべき点が多々あると思います。世界No1の都市は、歴史や伝統を守りながら、文化、デザイン、金融、政治の最先端を走っています。この魅力あるロンドンには、これから幾度も訪れなくてはならないと感じました。
002ロンドン郊外1
ロンドン郊外のスタジアムですが何処だか不明です。ゲームが開催されていました。

003ロンドン郊外2
飛行機から撮影したロンドン郊外の街並みです。緑が豊かで美しいです。

004バッキンガム宮殿
エリザベス女王の宮殿。近衛兵の交替式で有名です。

005ロンドン塔
堀と城壁に囲まれた塔は、長い間牢獄や処刑場として使われていました。

006ビッグベン
テムズ河畔にそびえる時計台はロンドンの象徴的存在。15分ごとに鳴る鐘の音色は、私達が慣れ親しんでいる学校のチャイムのメロディです。

007ウェストミンスター寺院
1605年に完成した、英国王室の戴冠式が行われる教会です。ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式も行われました。

008ピカデリー・サーカス
エロスの象があるロンドンの中心的な広場。近くには、レストランや劇場、中華街などがあり、凄い人で賑わっていました。

009ハロッズ
1894年創業のロンドン最大の高級デパート。

010ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム
ヴィクトリア時代の建物は圧巻。デヴィット・ボウイの特別展は長蛇の列でした。

011ロイヤル・アルバート・ホール
円周が224mにも及ぶ円形劇場。赤レンガとテラコッタの美しい建物でした。

012パターシー発電所
1982年に廃止された石炭火力発電所。現在はテートモダンという現代美術館になっています。ピンクフロイドの名盤「アニマルズ」のジャケットとして有名です。

013タワー・ブリッジ
テムズ河にかかる1894年完成の跳ね橋。ロンドンのシンボルのひとつで、イルミネーションも美しい。

014セント・パンクラス駅
ヴィクトリア朝ネオゴシックの外観は残し、内部は近代的なアーチ風大屋根で改装されています。ここからユーロスターでブリュッセルへ向かいました。

015ミュージカル鑑賞
サヴォイ・シアターでミュージカル「レット・イット・ビー」を観てきました。殆どコンサートなので、英語力がなくても楽しめました。

016オリンピックスタジアム
ロンドンオリンピックのメインスタジアムがどう開発されているか視察してみました。スタジアム周辺は立ち入り禁止で、まるで放置されているかの様でした。

017ロンドン・アイ
テムズ河沿いにある大観覧車。私は乗っていませんが、定員25名と大きなゴンドラが30分で1周するそうです。

01830セント・メリー・アクス
シティにある超高層ビル。ノーマン・フォスター設計で2004年に完成、40階建て180mの不思議な形状は、手前の伝統的なロンドン建築とは対照的でした。

019ロイズ・オブ・ロンドン
シティにある超個性的なビル。リチャード・ロジャース設計で1986年に完成しました。近代建築分野では、ハイテックと呼ばれる過剰なまでの機械的デザインは必見です。

020ロンドン市庁舎とシャード
ノーマン・フォスター設計で2002年に完成したロンドン市庁舎とレンゾ・ピアノ設計で2012年に完成した超高層ビル、ザ・シャードは新たなロンドンのシンボルです。歴史や伝統とモダンな先進性が共存する都市の象徴しているかの様でした。

021大英博物館
世界一の規模を誇る博物館です。アテネのパルテノン神殿の彫刻群やロゼッタ・ストーンなど超有名な展示物は必見です。写真OKなのが嬉しいです。

一つ前のページへ戻る

内田 直之 事務所

〒101-0041 千代田区神田須田町1-30-1 103
電話 / FAX : 03-3252-8832
E-mail: uchida@tcn-catv.ne.jp お問い合わせはこちら

本ホームページ上の文章の引用・転載及び、画像の持ち出し等に、つきましては、お断りさせて頂いておりますので、ご了承下さい。

Copyright (C) 2012-2019 Naoyuki Uchida. All Rights Reserved.
※掲載されている写真の一部は千代田観光協会様にご提供頂いております。