世界の街歩き

世界の街歩き Vol.12 Boston

000ボストン(アメリカ合州国) 
人口61万人・面積232k㎡・大統領制/連邦共和制
2012年夏、明治大学大学院の青山佾ゼミの視察としてボストンを訪れました。アメリカで最も古い街のひとつであり、その豊かな歴史から世界的な観光地となっています。また、Harvard大学やMITをはじめ大学は60を超え、世界有数の学園都市としても有名です。観光政策で有名なフリーダムトレイル、都市計画のビッグディッグ計画、そして大学等を精力的に見学してきました。


ボストンは「ウォーキング・シティ」と呼ばれ、地面に引かれた約4kmの赤いライン「フリーダムトレイル」に沿って歩けば、独立戦争当時の史跡など16の観光スポットを巡ることができます。また、アメリカで最も古い街を表すように、公共公園であるボストンコモン(1634年)や公共学校であるラテンスクール(1635年)、ハーバード大学(1636年)、地下鉄(1897年)、フェンウェイパーク野球場(1912年)など、国内で初めて出来た施設も数多くあり見どころ満載です。
今回は団体行動だったので少し疲れましたが、夜は自由行動で元気回復、ライブハウスやMLBを観に行きました。ボストンといえば、レッドソックスですよね。日本人でも上原選手や田澤選手が所属しています。対戦相手はレンジャース、なんとダルビッシュ選手が先発と言うことで最高のカードとなりました。アメリカで一番古いフェンウェイパークは、左翼が狭く中堅・右翼が広い歪な形で、有名なグリーンモンスター(巨大フェンス)は一見の価値ありです。
雄大なアメリカにありながらコンパクトシティであるボストンは、歴史を大切にしながら地域コミュニティを守ろうとする素晴らしい街でした。治安も良く、住みやすさも有名であり、学ぶべき点が数多くありました。一方、訪問した翌年のボストンマラソンでは爆弾テロ事件が起こり、3人が亡くなり282人が負傷されました。本当に残念です。安全で美しい街ボストンであって欲しいと願っています。
001オールドサウス集会所
清教徒の礼拝堂として建設され、教会のような作りになっています。

008オールドサウス集会所内
独立戦争前はイギリス支配に対抗するため、ここに集まりボストン虐殺事件や紅茶税の議論が交わされました。

002赤煉瓦の街並み
赤煉瓦の落ち着いた街並みが続きます。

003ボストン港
赤煉瓦の倉庫がレストランとして使われていました。

004ボストン茶会事件
1773年12月、イギリス議会の植民地政策に憤慨したボストンの急進派が、港に停泊中の貨物輸送船に侵入、東インド会社の船荷である紅茶箱を海に投棄した事件。

005ビッグディッグ計画でつくられた公園
高速道路を地下に埋め、跡地は市民が親しめる公園となっていました。

006フリーダムトレイル
全長4kmの赤い線。16の観光スポットを巡ることができます。

007マサチューセッツ州会議事堂
ビーコンヒルの丘の上、ボストンコモンの向かい側に建ち、ビーコンヒルに現存する最も古い建築物。金色に輝くドームが特徴的です。

009クインシー・マーケット
2階建ての建物で、面積は約2,500m²、ボストンの名所のひとつ。

010バンカーヒル記念塔
バンカーヒルの戦いを記念して創設。フリーダムトレイルの最終地点です。

011ボストン市内の裏通り
バンカーヒル近くの静かな住宅地。

012ボストンの地下鉄
明るく安全な雰囲気でした。

013マサチューセッツ工科大学
世界有数のエリート名門校。世界大学ランキングで世界一位を何度もとっています。

014ジョン・F・ケネディ・ライブラリー
第35代大統領のジョン・F・ケネディのライブラリーです。ドーチェスター湾に面したコロンビアポイントに建っています。

015ハーバード大学
こちらも世界有数のエリート名門校。これまで8人の大統領や100人以上のノーベル賞を輩出。静かで素敵なキャンパスでした。

016ハーバード大学内
子どもの頃、もう少し勉強していれば…。

017フェンウェイ・パーク
ダルビッシュ選手が先発でした。明治大学の大きな旗を振っていたら、オーロラビジョンに写しだされました。

018レッドソックスVSレンジャーズ
アメリカ最古のスタジアムです。グリーンモンスターは有名ですね。

一つ前のページへ戻る

内田 直之 事務所

〒101-0041 千代田区神田須田町1-30-1 103
電話 / FAX : 03-3252-8832
E-mail: uchida@tcn-catv.ne.jp お問い合わせはこちら

本ホームページ上の文章の引用・転載及び、画像の持ち出し等に、つきましては、お断りさせて頂いておりますので、ご了承下さい。

Copyright (C) 2012-2019 Naoyuki Uchida. All Rights Reserved.
※掲載されている写真の一部は千代田観光協会様にご提供頂いております。